はりきゅうサロン Spica はりきゅうサロン Spica はりきゅうサロン Spica
はりきゅうサロン Spica はりきゅうサロン Spica はりきゅうサロン Spica

ごあいさつ

はじめまして!サロンオーナーの鈴木福美です。
はりきゅうサロン spica の活動は 2015 年にスタートし、2018 年1月から
『冷えとり・温活』をコンセプトにしたサロンをリニューアルオープンいたしました。

心と体が五感で癒される、完全予約制&女性専用のプライベートサロンです。

単なるリラクゼーションとは違い、国家資格を持ったサロンオーナー鈴木が、東洋医学の考 えをベースに、「はりきゅう・整体・美容鍼」を組み合わせた施術をご提供し、アフターケ アとして「食事・睡眠・運動」をお身体の症状に合わせたご提案をさせていただきます。

女性には色々な立場があり、それぞれの人生のステージでさまざまな環境の変化に対応しながら生きています。

仕事や育児のストレス、イライラなどから、小さな不調が出始め、それが便秘や冷え・むくみ、生理痛、更年期や自律神経の不調などに繋がっています。
色々な問題を抱えながら毎日を我慢して過ごす女性が、現代社会ではとても多いのです。

spicaでは、このような心と体が発するSOSを見逃さないように、しっかりとお客さまと向き合い、カウンセリングを行い、お体のメンテナンスをさせていただいています。

さらに、健康的に美しく年齢を重ねていけるように、spicaの美容鍼で肌が本来持つ再生能力を高め、素肌力をUPさせます。
はりきゅうサロン Spica

温活とは?

温活とは、体を温めることで体内の血の巡りを良くし、冷えの改善や美容効果を高めるため の活動のことを言います。
温活は健康美人への近道です。
体が冷えやすい・一日中疲れているなど、はっきりとした原因の分からない不調に、まずは 自分で気付けるようになることが大事。
温活を普段の生活に意識して取り入れるだけでも体がどんどん変わるのが分かりますよ!

《spica の温活4つの特徴》
1. 痛くない鍼・熱くないお灸で気持ちの良い施術!
2. 冷えタイプ別の自分オリジナル「温活」が分かる!
3. セルフケアに、自分でお灸が出来るようになる!
4. 体の ON/OFF が調節できるようになる!

女性の冷えは不調のサイン

冷えによる体への影響は、婦人科系の不調・自律神経の乱れにつながります。自覚していな い「隠れ冷え性」を含めるとほとんどの女性が冷え性といっても過言ではない時代!
病院やおクスリに頼る前の予防には、冷え性対策が必要です。
基礎体温を1℃上げることで、新陳代謝が活発になり、体の内側からも美しさが滲み出てきます。それが「温活」なのです。

当サロンでは、東洋医学の力を借りて施術を行い、自分でも自宅でケアが出来るように、お 灸を使ったセルフケアの仕方もお伝えしています。
はりきゅうサロン Spica

温活女子部を発足しました!

spicaでは定期的に温活女子部によるお灸教室を開催中!

施術の効果をより長く保つために、サロンのお客さまには自宅でお灸をセルフケアとして続けていただいています。

まずは「お灸って熱いの?効果があるの?」と、疑問を持っている方のために、お灸の良さを知っていただけたらと考えたのが『温活女子部』の発足に繋がったのです。

自分の健康管理にも良いお灸ですが、ご家族やご友人のためにお灸をされている方もいらっしゃいます。お灸を続けている方の中には、「夫婦仲が良くなりました!」という嬉しいお声も。

自分の体に向き合う時間が持てるお灸。
自分のために、誰かのために、ぜひspicaの温活女子部に入部をお待ちしております。

毎回色々なテーマで行なっているお灸教室。
今後はお灸教室以外にもワクワクするような事を計画中!

LINE@でも随時受講者募集中です♪
はりきゅうサロン Spica はりきゅうサロン Spica

将来、「母」になる女性にこそ知ってもらいたい
マタニティ&産後 total サポートケア

当サロンでは、妊娠~出産、産後までを一貫してケアが出来るコースをご用意しております。
女性は妊娠すると、つわりや吐き気、こむら返りや逆子など、通常の生活では体感しない悩 みや不調を感じるようになります。
そして妊娠週数の経過に伴い、それらに合わせた、デリケートなケアが必要になります。
また、妊婦さんのメンタリティーが大きく影響してくるので、単なる鍼灸治療だけでなく、 日々の生活指導、自宅で出来るセルフケアをお伝えします。

産後は子育ての忙しさで自分のケアを忘れがちになります。
ですが、1日でも早く産後メンテナンスを受けていただきたいと思っています。
産後の冷えは大敵で、母乳の出や質に関係してきます。
サポートを妊娠~産後まで継続的に受けることで、ママの負担やストレスも軽くなり、理想 的な育児ライフが送れるでしょう。
はりきゅうサロン Spica
はりきゅうサロン Spica

サロンオーナー

鈴木 福美(すずきふくみ)


鍼灸師 / 整体師

せんねん灸セルフケアサポーター

■ 鍼灸との出会いのキッカケ
私は小さい時から、夏になると冷えたり疲れたりすると「血管腫」という病気のため足が痛 くて歩けなくなりました。高校2年生の時、左下肢の血管腫除去術という手術を受けました が完治せず、足先の感覚の麻痺、しびれが残り常に左足先は冷えている状態でした。それがキッカケで鍼灸に出会います。
■ 鍼灸の専門学校へ入学
入学後、足が少しでもラクになるよう自分の体で練習していました。鍼灸をした後は、足も ポカポカ温かく、翌日の浮腫みがラクになっていました。セルフケアの大切さを実感し、手 術すれば痛みも取れると思っていた考えが、それだけでは人の体は変わらないと身をもって 実感したのがこの時です。
■ 接骨院へ就職した日々
卒業後就職した接骨院では、毎日平均10人~20人のお客様の対応をしていました。6年 間で18,000人以上の身体に触れてきたということです。ところが!人の身体をケアしながら、 自分の身体と心のケアを忘れ頑張っていました。
■ 結婚~出産 働き方を見直すキッカケ
当時、幼い娘と学生の夫がいながら週 6 日勤務の、帰宅は 21 時や 22 時を過ぎる生活を 3 年 程続けました。イライラしやすく、娘にも夫にもツラく接してしまうこともあり、風邪もひ きやすくなりました。こんな生活ではいけない!と仕事を辞め、自分と向き合う時間を取っ たのです。
■ サロン開業までの道のり
自分の不調に気づかず、ギリギリまで頑張ってしまう女性の味方でありたい、そんな想いか らこのサロンを立ち上げようと決意しました。「自分をすり減らす働き方」から、「自ら輝き を放てる働き方」へ。サロンの名前の spica(おとめ座)には、そんな意味もあります。
はりきゅうサロン Spica
はりきゅうサロン Spica
はりきゅうサロン Spica